会社設立と社会保険の加入義務について

新会社法が施行された事で会社設立がしやすくなったと言われています。

会社設立をする事で様々なメリットが出てきたら、会社設立がしやすくなった事で誰もが会社を作れる、経営者になる事が出来るわけです。しかしながら、会社を作る事で、社会的な責任を追う必要が出てきます。ビジネスの幅を広げるため従業員を雇用した場合は労働保険の加入の義務が発生します。労働保険は社会保険に含まれるもので労災保険と雇用保険が在り、労災保険は労働基準監督署、雇用保険は公共職業安定所でもあるハローワークで手続きが必要になり、保険に加入する事で従業員を守る事が出来るのです。

尚、従業員は家族でも可能になるわけなのですが、会社設立をする事で、家族に対して給料を支払えると言ったメリットが在ります。個人事業主の場合は全体の収入となるため家族と一緒に仕事をしていても給料を支払う事は出来ないわけです。尚、家族も従業員として会社の中で雇用されますので社会的な責任において労働保険の加入義務があるわけです。

因みに労働保険は雇用する事業所となった場合に加入義務が生じるのが特徴で、社会保険については一人で設立した場合でも社会的な責任を果たす目的において加入する義務が在ります。尚、社会保険の加入手続きと言うのは、会社設立後に行うものであり、設立をすればそれで終わりではなく、様々な役所に対しての手続きが必要になりますので、予めいつまでに何をすれば良いのかをまとめておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *