会社設立のメリットは税金だけは有りません

会社設立をすることで個人事業主の時よりも税金面で優遇を受ける事が出来ると言いますが、優遇を受けられるのは個人事業を手掛けている場合の年収が600万円や700万円を超えた場合だと言います。

そのため、年収が300万円や400万円などの個人事業主の人の場合は、会社設立をしても税金面で有利になることは無い、むしろ、個人事業主の状態を維持した方が良いと言う捉え方も出来るわけです。税金は誰もが少なくしたいと考えるものですので、税金面で優遇を受けられるのであれば会社設立をしようと考えるわけです。

しかしながら、会社を作ると言うのは税金だけが全てではなく、取引先に対する信頼度が高くなると言うメリットを持つのです。企業の中には会社組織としか取引をしない、信頼性が高い会社組織でなければ仕事を発注しないと言う所も多く在ります。取り引きをした際に、取引先でもある下請けの会社が倒産してしまえば問題にも発展しかねないからなのです。法律の中には下請けの会社を守る法律が在りますので、信頼をおける会社としか取引をしないと言うケースが多いわけです。

また、会社の中で利用するOA機器などを導入する場合、個人事業主などの場合はリースの審査を受けても通らないケースが多いのですが、会社設立を行って法人格になることでリース契約を交わせるようになるケースが多くなります。リース会社も信頼性を重要視する企業の一つですので、会社を作った方がメリットが活かされると言う事でもあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *