会社設立で必要な費用について

会社設立を行うためには費用が必要になります。

この費用と言うのは、登録免許税や定款の認証費用などが主な会社設立における費用とされているのです。登録免許税は、法務局の登記所で納める税金となるのですが、登録免許税は資本金の額に応じて異なるのが特徴です。また、会社設立と言っても株式会社を設立する方法と合同会社を設立する2つの方法が在ります。合同会社と言うのは、新会社法が施行された時に新しく追加された会社の種類であり、社員全員が代表社員と言う特徴を持つ会社スタイルです。

社員全員が代表社員と言うのは、全員が代表取締役としての役割を持たせることが出来ると言った特徴を持つもので、それぞれが実印を利用する事で自分の役割に応じて契約を交わせると言うメリットを持ちます。尚、会社設立を行う時の登録免許税は、株式会社の場合であれば、資本金額の7/1000もしくは15万円の何れで有り、合同会社の場合は資本金額の7/1000もしくは6万円の何れかと言う事になるのが特徴で、どちらも資本金の額に応じて登録免許税の額が異なると言う事なのです。

また、定款の認証費用と言うのは紙の定款で行う場合と、電子認証で行う場合とでは費用が異なるのが特徴です。電子定款の認証の場合は、紙の定款に必要とされる定款印紙代の4万円が不要になると言うメリットが有ります。但し、電子定款を行う場合は専用のアプリケーションソフトウェア、ハードウェアなどが必要になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *