会社設立時の現物出資は発起人のみ

会社設立をする時には会社の規模を示す資本金の払い込みが必要です。

この資本金と言うのは新会社法が施行されてからは、最低資本金の額は1000万円から1円に引き下げられています。従来、株式会社設立を行うためには最低でも1000万円と言う高額な費用が必要だったものが、新会社法が施行されたことで、大幅に引き下げられており、現在では1円から株式会社設立が出来る時代になっているのです。しかしながら、資本金は会社の規模を示すものであり、1円と言う金額で資本金にする事はありません。

大半の場合が、300万円や500万円と言った資本金で会社を作っているのが特徴です。尚、資本金と言うのは必ずしも現金でなければならないと言う事は無く、現物出資による資本金も可能になっているのです。因みに、現物出資と言うのはお金以外の物であり、パソコンや不動産、自動車、債券、有価証券などになります。

但し、会社設立を行う時の現物出資と言うのは発起人のみが許可が行われているのが特徴で、数名で会社を作る場合、複数の人が資本金を出し合う場合は発起人のみが現物出資が許され、発起人以外の人については現金と言う形になるのが特徴です。尚、現物出資で資本金を払い込みする場合は、設立する時に策定を行う定款の中で定めておく必要が在ります。定款と言うのは会社の憲法などと呼ばれている重要な書類であり、定款の中で定めておくことで効力を持たせられるなどのメリットが在るのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *