会社設立の代行や設立費用ゼロとは何か

インターネットの広告の中には会社設立代行、設立費用ゼロ円と言った広告を目にすることが在ります。

会社設立代行と言うのは何か、そして設立費用がゼロ円と言うのはどのような事なのか、これから会社を作ろうとしている人にとっては興味が在る広告と言えます。そもそも、会社設立と言うのはどのような事を意味しているのでしょうか。会社には定款と呼ばれる会社の憲法が存在しています。定款には重要な事項が記載されており、後の紛争の時などに対して効力を持たせられるなどのメリットが在ります。

定款は会社の基本的な事項を定めたものであり、株式会社を作る場合は公証人役場で定款の認証を得る必要が在ります。また、定款の認証を終えた後は、定款の中で定めた資本金を支払い、振り込みを終えた後は通帳の記帳を行ってから、通帳の写しをコピーして払い込み証明の書類の作成を行った上で、会社の本店が住所となる法務局の登記所で登記を行うまでの流れが会社設立なのです。

会社設立代行と言うのは、設立までの流れを代行してくれるものであり、行政書士や税理士などの事務所がこのような代行ビジネスを展開しているのです。また、設立にかかる費用をゼロ円にしてくれると言うのは、代行を行う代わりに報酬が必要になるわけですが、この報酬がゼロになると言うことなのです。尚、設立費用をゼロにする代わりに、設立に携わった税理士が、新しい会社の顧問税理士として役割を担う契約を交わすなどの特徴があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *