会社設立は誰でも出来る

会社設立というと、多くの人が何か特殊な技術なり信用なりをもっていて、多くの資金を持っている人がするというイメージがありますが、今は決してそのようなことはなく、誰でも出来るものとなっています。

別に特殊な技術も要りませんし、資金も必要ありません。実際に今はネット上にお店を持つといったようなことは無料で出来てしまいますし、ビジネスに欠かせないホームページやブログといった情報発信ツールも無料で作れてしまいます。そして、会社設立の手続き的なことでは、定款という会社の規則を記した書類を法務局に承認してもらえばそれで会社設立は出来たことになります。

この定款作りというのが難しそうなのですが、実は今では定款作りは簡単に出来るようになってきました。というのは、ネットで定款の雛形というものが無料で入手できますので、自分が作りたい会社に近い会社の定款の雛形を持ってきて、住所や会社名といった違うところを直せばそれで出来てしまうのです。

ですから、定款作りといったものも特に難しいものではなくなってきたのです。定款に不具合があっても、定款はまずは公証役場に持って行って、公の書類であることを認めてもらうことになるので、そこで不具合は指摘してもらえます。それでも定款作りか不安だったり、時間がとられるのが惜しいというのであれば、会社設立代行サービスを利用するといったことも出来ます。そうすれば、誰でも会社設立をすることが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *