オフィスレイアウトのポイント

オフィスレイアウトを変更する際に、考えておきたいポイントがあり、まず、ゾーニング計画が大切だと考えられています。

基本的にオフィスはエントランスに始まり、会議室や作業を行うスペース、休憩スペースなど、様々な機能を持つ空間が存在します。それぞれの空間が効率よく機能するように考慮することができると、オフィスとして大きな力を発揮することが可能になります。各スペースについて考えることが必要ですが、例えば、それぞれの空間の相互関係や大きさなども押さえた上で、オフィスレイアウトの計画を立てることが大事です。

オフィスレイアウトを計画する際は、喫煙所の配置と分煙がきちんとできているかどうかや、来客者をスムーズに応接室などへ誘導できるのかどうかがポイントになります。また、デザイナーやエンジニアなどに配慮した、スペースの確保ができているどうかも大事なことです。快適なオフィスレイアウトを実現するために、細かい点まで確認して決定する必要があります。

そして、それぞれのスペースや設備、家具などを効率よく使用できるようにするため、オフィス内での人の動きを計画する、動線計画も大事なポイントのひとつです。この動線計画では、渋滞が発生することを防ぐために、行き止まりがないかどうかをチェックすることが望ましいとされています。

行き止まりがあると、火災などが起きて非難する必要がある際に、事故につながる可能性があるため、スムーズな回避が可能かどうかをしっかりと確認することが大切です。さらに、オフィスレイアウトの寸法も考えておきたいポイントで、例えば、人があまり通らない狭いスペースでも、50センチ以上の幅を確保する必要があるとされています。また、人がすれ違う場所においては、120センチ以上確保することが望ましいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *