快適性を考慮したオフィスレイアウト!作業効率が向上

オフィスレイアウトを行うときは、労働者の快適さについて考慮することが大切です。

快適でないと感じるオフィスでは、作業効率が下がってしまう傾向があります。快適性の高いオフィスレイアウトを実現するにはポイントがあります。必ず押さえておきたいのは、労働者1人あたりに与える適切なスペースです。担当業務によって、デスクでの作業内容や置くものは違います。それを十分把握したうえで決定することが欠かせません。デスクについて検討する際は、労働者の通るラインについて検証する必要があります。

1本のルートにたくさんの労働者が集まってしまうと移動しにくくなるでしょう。またコピー機などへのルートは多めに用意しておいた方が良いです。このように労働者が移動において苦労しないラインを考えることが大切です。またオフィスレイアウトの対象となる面積が小さい場合も少なくありません。それでも工夫すれば、快適なオフィス環境を作り出すのは不可能ではありません。大切なのは親和性の高いものは、まとめてレイアウトする意識です。

この工夫によって要するスペースを削減できます。同じ業務を担当するチームは接するように配置しておけば、必要なものを共有して使用可能です。相談もその場で行えますし、資料の受け渡しも簡単に行えます。今回紹介したように、移動の便利さや作業の効率を重視してオフィスレイアウトを行うのが望ましいです。それにより快適なオフィスを実現しやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *