会社の規模によっても変わるオフィスレイアウト

オフィスはどこも同じのように見えますが、それぞれ機能があり、規模によっても変わってくるのです。

オフィスレイアウトは一度決めてしまうとなかなか変更することが難しいのですが、オフィスの機能や規模によって最適な内容に変えることが大切です。例えば規模が小さいのに広すぎては効率は悪くなります。オフィスレイアウトの基本はエントランス部分と作業スペースを切り分けておきます。エントランス部分に来客時の打ち合わせスペースを確保できるといいです。エントランス部分は会社のイメージでもあり、明るく開放的なデザインにしておくことが大切です。

オフィスレイアウトでは作業スペースとして机やキャビネットが必要となります。机の配置も機能や規模によって変わってきます。一般的な島形はコミュニケーションも取りやすいといったメリットがあります。キャビネットやコピー機などスペースを考えておく必要があります。メインとなってくる通路では人が十分行き来することができる幅を確保しておくことです。会議室やリフレッシュスペースは気分を入れ替えてその場所にいることができるような雰囲気作りも大切です。

意外なアイデアが生まれることもあるのです。他に日当たりや導線も考慮しておく必要があります。ずっと日があたっている場所ではブラインドを取り付ける必要もありますし、トイレの前に机があると行きづらくなります。このようにオフィスレイアウトは機能や規模で最適な大きさを考えることと、細かい配慮も大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *