様々なオフィスレイアウトについて

会社によっても様々なオフィスがあるように、オフィスレイアウトもさまざまのものがあります。

では具体的にどのようなものがあるでしょうか。一般的によく使われているのは、対面式のレイアウトです。対面式のレイアウトの特徴は、情報を交換するときや、資料を手渡す時などにとても便利なことです。主に営業職や事務職などで仕事をしている人は対面式レイアウトを使っているのではないでしょうか。一般的にオフィスレイアウトといえば対面式レイアウトになるのです。ですがそれだけではありません。中にはフリーアドレス式レイアウトと呼ばれるものもあります。

このフリーアドレス式レイアウトは、オフィスレイアウトの中でも対面式レイアウトに非常に似ていますが、机が長くなっており、自由に移動できる点が少し異なります。機動力を必要としている仕事でこのアドレス式レイアウトが役に立つでしょう。三つ目はスクール式レイアウトです。学校の授業では先生一人が黒板に背を向けて、生徒は全員黒板を見ています。

これと同じようにそのグループ長が一人正面を向きそれ以外の人はグループ長を見るような形で仕事をしているレイアウトです。このレイアウトは、テレアポなどで使われます。多人数で一人の人が見る場合、例えば電話で分からないことがあった場合手を挙げれば、上司がすぐに気づいてくれるでしょう。迅速性を必要とする場合にこのレイアウトは役に立ちます。このように、仕事によって様々な用途がありますので、参考にしてみてはどうでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *