オフィスレイアウトの種類について

会社には複数の人間がいる以上をオフィスレイアウトを考えなければなりません。

オフィスレイアウトというのは机の配置などのことを意味します。最近は机の配置だけでなくどこに装飾をするかや、どのような壁の色にするかなどがオフィスレイアウトとして考えられています。オフィスレイアウトの意味は、それをすることによって仕事がしやすくなることです。例えば一般的な対面型のレイアウトであれば営業職や事務職などの場合には向いていると言えるでしょう。

なぜ対面式が向いているかといえば、何かわからない時や、資料を渡す時にすぐ向かいの人に渡すことができるからです。これが仮に、席が離れているとなかなか渡すことができず時間のむだになってしまいます。このように職業ことにレイアウトが分かれているということになります。対面式レイアウト以外には、フリーアドレス式レイアウトと呼ばれるものがあります。このフリーアドレスしてレイアウトは、対面式レイアウトととても似ていますが、異なる点があるとすれば、一人に一つ机が与えられていないことです。

机は一般的に長机を使用しますので一人一つの机というわけではありません。もちろんすべてを一人で使うわけにはいきませんが、臨機応変に形を変えることができる点は非常に優れたレイアウトということができます。三つ目はスクール式レイアウトです。スクールといっても大学の講義のような形になるでしょう。大学の教室は正面に教団があり、それに向かって机が配置されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *