オフィスレイアウトのデザインについて

オフィスレイアウトのデザインを考えるうえで、忘れてはならないのは、そこで働く人がいかに働きやすく、効率よく仕事ができるかということです。

見た目が重要視されるショールームの場合は、話は別です。オフィスの場合には、すぐれたデザインであるだけでは、完成度の高いものとは言うことができません。一見すると、すぐれたデザインに思えるようなレイアウトであったとしても、実際にそこで働いてみると、効率よく動くことができないなど、いわゆる動線に無駄が発生してしまい、実際には効率よく仕事ができないという場合も、決して珍しくありません。

そのためオフィスレイアウトを考える際には、単にデザインするだけでなく、そこで実際に働く人の動きや、オフィス内に配置されるキャビネットなどの備品の配置や利用頻度、また打ち合わせスペースなどそれぞれ空間の配置などもきちんと考慮したうえで、オフィスのレイアウトを決めていくことということが大切であるといえます。業務の効率アップを考える際に、オフィスレイアウトが果たしている役割は決して小さいものではありません。

そのためオフィスレイアウトを考える際には、いかに業務の効率向上に寄与することができるかということも、十分に考慮する必要があります。オフィスのレイアウトを考える際には、そのデザイン面だけではなく、いかに効率よく働ける場にできるかということを、忘れてはならないということができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *