会社設立をする手順と方法

会社設立をするには、まずは定款といわれる会社の規則記した書類を作る必要があります。

一からこの定款を作るのは大変ですので、ネットで定款、雛形と検索するといろいろな定款の雛形が出てくるので、自分が会社設立をしたいものに近いものを選ぶといいでしょう。そして、会社名や住所、資本金の額や決算日といった自分の会社と違っているところを修正するのが最も早く定款を作る方法です。

そして、出来た定款を公証役場に提出します。公証役場では定款が公の書面であることを認めてもらうのです。ここで、おおよその定款の不備は指摘してもらえるので、定款について不明なところなどがあれば、ここで聞くのもいいでしょう。指摘された不具合は修正すればいいだけです。

そして、公証役場で承認された定款を法務局に提出して、承認されればそれで会社設立は出来たことになります。後は社会保険事務所で、健康保険の申請と厚生年金の申請を行い、税務署に行って申請をすればいいだけです。

これらは会社設立後にすることになります。会社設立をすると節税効果や信用力のアップにもつながっていくので、今では個人でも多くの人が会社を設立してビジネスをするようになってきています。

資本金も1円からでも会社は設立できますので、特に難しいことではなく、誰でも出来るといっていいでしょう。政府も多くの人が会社を設立することを奨励しているようです。今はネットなどを利用すれば誰もがビジネスをすることが出来るようになっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *