会社設立と設立後の手続きについて

会社設立とは会社登記を行って法人格にする事を意味しており、定款の作成から登記所での会社登記までの流れを会社設立と呼んでいます。

新会社法が施行されたことで、従来と比べると会社を作り易くなったと言われており、個人事業主が会社を作るケースや、既に有限会社などの会社を持つ経営者が株式会社を設立するなど、多くの人々が会社設立を行っています。

設立については代行を行う会社に依頼する事で、手続きや定款の作成におけるアドバイスなどをしてくれるので、その間、未来の会社のための準備をすることが出来ます。尚、法人格になると言うのは世間から信頼を得られると言う事でもあるのですが、設立後には色々な役所などに対しての届出が必要になるのです。

そのため、何処に何を届ければ良いのか、設立してからどれだけの期間に届けなければならないのかなどを調べておく必要が在ります。但し、設立登記などを設立代行会社に依頼すると、設立後に何をしなければならないのか、と言ったアドバイスをして貰えると言うメリットも有ります。

また、設立代行を行う会社と言うのは、税理士や司法書士などの専門家でもあり、税理士などの場合は設立後の顧問税理士としての役割をしてくれる事も有ります。

尚、中には会社設立の費用をゼロにしてくれる代行会社も有りますが、このような会社の場合は設立後1年間の顧問税理士としての役割を担うなどの条件になっているものであり、税金対策など心強い味方になってくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *