会社設立するための準備

会社設立に至るまでにはさまざまな理由があります。

すでに個人事業主として起業しており、年商一千万を超えている方の節税や副業の方が勤めている会社より収入が多い方、又、建設業界などは社会保険等の加入状況により大手ゼネコンや公共工事の現場には入場出来ない等の理由で会社設立に至るケースが多く見られます。

そこで、会社設立する為にまず最初に1・商号(社名)を決めます。2・印鑑・名刺の作成(代表印・実印・各印・ゴム印等必要に応じて作成)。3・役員報酬の決定。4・資本金の決定(一千万以上にすると初年度から消費税が発生します)。

次に定款の作成。定款とは事業目的・商号・本店所在地・発起人の氏名及び住所・株式総数等を記載した書類を作成します。この時点で、今後事業展開を視野に入れている業種や事業目的に関連する全ての業種も記載しておくと後々定款を変更する手間が省けます。
その前後のタイミングで資本金を個人名義の通帳に個人名義で振り込みます(通帳のコピーを取る)。その後、登記書類を作成します。書類が揃ったら、いよいよ法務局へ登記申請です。

登記申請で注意しなければならない事は、資本金の振込み二週間以内に行う事と収入印紙が十五万円と高価な事と申請日が会社設立日になるという事です。

郵送でも可能ですが、法務局への到着日が設立日となる為、希望日にならない恐れがあります。法務局で申請手続きが終了したら会社設立完了ですが、その後税務署や社会保険事務所への届出も必要なので忘れずに手続きして下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *