事前確認の上で会社設立の準備を進めること

事業を法人化した上で開業したいときには、会社設立などの手続きを経てからになります。

このとき定款の作成及び公証役場での認証を受けさらに法務局での法人登記を行うという流れで完了するわけです。ただし定款の作成では開業したい主な事業を明記しなければならず、役所が許認可を行う事業に関しては文字文言によっては修正を求められます。

後で修正を行うとなると時間もお金もかかり無駄です。修正の指摘を受ける前に文字文言をしっかりとチェックしてもらってから定款の作成を行うのがベストです。

行政が関わらない事業の場合はこうした作業は必要がありませんが、会社設立により行いたい事業が関わりそうな場合には、最初に作成した定款などの修正や変更の指示があり得ることは知っておいた方が無難です。

また会社設立後すなわち登記が完了したタイミングで速やかに行う必要があるものもあり、こちらも急いで届け出を行わなければなりません。特に税金関係の届け出は国税は最寄りの税務署に対して行います。

地方税のうち都道府県税は最寄りの都道府県税事務所に対して行い、市町村は市町村役場の担当税務課に対して届け出ます。この他にも社会保険及び厚生年金の届け出や適用申請、雇用保険関係なども期間が決まっていますので迅速に対応をする必要があります。

会社設立の準備を進めていく中で同時進行で準備を行うことが重要です。登記申請を行っていること炉には完了後に速やかに提出が出来るだけの準備は必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *