会社設立の良い面とは

会社を設立し経営して行くのはとても大変なことですが良い面もあります。

会社設立の良い面は「取引先の信用を得るのは会社(法人)である方が信用を得やすい」という点です。上場企業などの会社は法人でないと取引をしてくれないため、会社設立で法人化することでそのような企業とも取引が出来る様になります。

法人は「国から法的に認められている」ということを表しますので、個人事業主よりも法人の方が信用力が高くなります。国から認められているということになれば、個人時事業主よりも会社(法人)の方が取引先の信用を得やすくなるのは当然のことです。

会社設立し法人化することで「銀行の融資を受けられやすくなる」「許認可事業が行いやすい」という良い面があります。法人化すると個人事業の時と比べ、銀行の融資を受けられやすくなります。

その他の良い面は「納税する時に経費として計上出来る項目が色々と増える」という点です。

旅費日当や社宅なども経費として計上出来る様になります。法人化すれば、出張した際の旅費日当を経費として計上したり、個人事業主だと社宅費用は事業で使用する範囲のみでしか経費になりませんでしたが、より広い範囲で経費として計上出来たり、生命保険料も経費として計上出来たりと色々な項目が経費として計上出来る様になります。

そして、万が一何かトラブルが起こり、大きな損害が出てしまったような場合でも、法人であれば再起出来る範囲に抑えるようにすることも可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です