会社設立に必要な2つの手続き

会社設立には2つの手続きが必要です。

それは、公証人役場で行う定款の認証と法務局で行う設立登記です。これらの手続きを行うためには会社の内容を決めておかなければなりません。

商号(会社名)・本店所在地(登記する住所)・代表取締役・設立日・事業目的・資本金・発起人(株主)・事業年度・取締役会・役員・取締役の任期・資本金・広告の方法・決算日などがあります。

これらの内容は、定款や設立登記申請に記入しなければなりませんので、事前に出資者間でまとめておく必要があります。

定款は、会社の憲法とも呼ばれ、会社の基本的な規則を定めるものです。会社のあり方を左右するもので、会社設立で一番最初に行わなければならない手続きです。単に定款を作るだけではなく、公証人役場で認証を受けて初めて定款と認められます。

設立登記は、法務局に会社設立の登記申請を行うことで、登記が完了することで法人として認められることになります。この登記申請の際には公証人役場で認証済みの定款も添付しなければなりません。

定款作成や設立の登記申請は自分でも行えますが、手続きに精通した司法書士や行政書士に依頼するとスムーズに行えます。会社設立手続きはこの2つで完了しますが、会社として運営を始めるためには、その後の手続きも必要です。

銀行口座の開設、税務署や社会保険事務所への届け出など会社の内容によって様々な手続きがあります。その際には、登記事項証明書や印鑑証明書などが必要になりますので、前準備をしておくことも大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です