会社設立すべき人とそうでない人

会社設立すべき人はビジネスをこれから広げていこうと考えている人でしょう。

必要なものは技術でも知識でも資本でもない。やる気があるのかどうかだけだといっても良いかもしれません。

というのは、ネット社会では情報発信にお金もかからないので、ビジネスに必要なものはやるだけだからです。

既にビジネスの経験があるかどうかも関係ありません。会社設立して信用を勝ち取っていけばいいわけですから、やる気のある人はどんどんと会社設立をしてビジネスを始めるべきといってもいいでしょう。遅くなればなるだけネットのシェアを他人に奪われますから、今すぐにでもした方が良いかもしれません。

一方で会社設立すべき出はない人は、前向きに考えることが出来ない人ということになるのかもしれません。自分でビジネスを考えて自分で責任を持って仕事をすることが出来ないという場合には当然会社設立をする意味は無いでしょう。

ですが、今の成果主義の社会で自分の仕事に責任を持てないなどという事はありませんから、そんな甘い考えでは、どこでも通用することはありません。

会社を設立するという事は一見難しい事のようにも思われますが、別にそんなことはなく、日本には数え切れないほどの会社があります。そうしたことを考えると、会社を設立する壁というのはどんどんと低くなってきているのかもしれません。

成果主義の社会では当然そうなるのでしょうが、やる気のある人に取っては大きなビジネスチャンスがあるわけですから、これを見逃す手はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *