会社設立までの流れとは

会社設立までの流れは、まずは会社の商号や概要を決めるところから始めます。

会社名や本店所在地、資本金の額や出資者・事業年度などになります。

商号に関しては、使える文字などに細かい制限があり、また株式会社を前につけるか後につけるかまで決めておかなければなりません。

資本金の額は1円以上あれば、何円でも大丈夫です。事業年度に関しては、時期によって消費税の免税期間や決算対策にかかわる重要な決定となりますので、慎重に決めるようにしましょう。

続いては、会社設立における必要書類の準備になります。会社の実印を作成し、発起人全員の印鑑証明書を用意します。ちなみに会社設立のためには銀行印や角印なども必要になりますが、実印と一緒に作成することで割り引きされることが多いです。また発起人は定款に記名と押印を行う必要があります。そして一番大変になるのが、決定した会社の概要を記載した定款の作成です。

今は認証の費用が安く手軽に作れる電子定款が人気ですが、専用の機器やソフトが必要になります。

最後の手続きは、出資金の払い込みを行い、会社設立の登記書類と合わせて法務局に提出します。資本金の払込証明書は、預金通帳のコピーとなりますので、発起人の代表者の銀行預金口座に、株主がそれぞれの名前で資本金を振り込んでいきます。

合わせて会社設立の登記申請のための書類を作成して、法務局へ提出して完了です。会社の設立日は、この法務局へ書類を提出した日となります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です