何故会社設立をする必要があるのか?

何故会社設立のような事をするのかと疑問に思う人もいるかもしれません。

別に会社設立をしなくても仕事は出来るでしょうし、個人事業としてする方法もあります。わざわざ会社設立をして、面倒な書類作成をする必要があるのかと思う人も多い事でしょう。ですが、会社設立をするとさまざまなメリットが出てきます。特に大きなメリットが節税が出来ることです。

この節税効果はビジネスをする人に取っては大きな意味があります。というのは、取りも直さず事業の継続や拡大に大きく関わってくるからです。節税が出来るという事は、それだけサービスなどの料金を安く提供できるという事につながります。これは自由競争の世界では重要な事になります。

人は同じようなサービスや商品があった時に一円でも安い方を選択します。という事は、圧倒的な能力差でもない限り、料金の差は大きな選択の理由になるということです。当然節税をして収益を最大化している業者が選ばれやすいという事になります。ですから、少しでも節税をして力を蓄える事は企業にとってはもとより個人にとっても大事な意味を持つことになるのです。

会社設立をすると節税できる理由はとても簡単で、国は税金を自動的に徴収する義務を割り当てていて、その代わりに節税できる権利を与えているのです。つまり、面倒な徴税という手間を経営者に押し付けることが出来るので、国にとっては大きな意味があるシステムという事になるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *