会社設立は行政書士などの専門家に依頼を

現在、株式会社は資本金1円からでも設立可能となっています。

そのため何らかの事業を行う際には会社を設立してから起業するケースが増加しています。会社の形態をとっておいたほうが税金面からも有利です。この会社設立の際の手続きは個人でも可能なものとはなっています。しかし実際に個人で設立の手続きを行う場合には、会社の定款作成や会社設立登記などの必要手続きが思うように進行できない可能性があります。

特に会社の定款作成および認証は会社の設立手続きの中で最も困難なものと言えます。定款は会社の基本事項(会社名や事業内容、本店所在地など)を定めたものであり、会社の憲法と呼ばれる一番大事なものです。これを作成する際には定められた事項を記載する必要があり、さらに公証役場において公証人による認証を受けなければなりません。

認証時には公証人との内容のやり取りが必要となりますが、専門用語などが飛び交うやり取りとなり、個人では対処することが困難なケースも少なくありません。このような事態を避けるためにも会社設立の手続きは行政書士などの専門家に依頼したほうが確実と言えるでしょう。例えば行政書士に依頼すると定款の作成はもちろんのこと、公証役場での認証手続きも代行してくれます。

当然公証人とのやり取りも依頼することが出来ますので、スムーズな定款作成及び認証が可能となります。また、会社設立登記の際の添付書類(申請書及び申請は本人が行う必要があります)を完全に揃えてくれますので、会社設立手続き全般が確実に、そしてスムーズに進行していくのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *