会社設立代行を使った時のメリットとは

会社設立時に定款を定めたり、公証人役場に出掛けて定款の認証手続き、法務局では定款の写しや登録免許税の納税、登記申請手続きなどを行う必要があります。

登記申請を行う時には会社の実印を用意しておいて、登録を行うなども必要になりますし、事前に色々な書類を作成するなど何かとやらなければならない事が多くあるわけです。

代行会社に依頼を行った場合は、書類の作成から手続きすべてを自分達に代わり行ってくれるため、初めての会社設立でも安心感が持てます。これはどのように記載をすれば良いのか、手続きを行う場所や窓口はどこにあるのかなど、事前確認などを行う手間も省けます。

会社設立の代行を行う企業は多数ありますが、司法書士が手続きのサポートを行ってくれる、税金に関する相談などについては代行会社との契約を行っている税理士、もしくは代行会社に在籍している税理士に相談を行えます。

また、会社の設立登記を行った後には、関係各所への届けが必要になりますが、この届けについても代わりに行って貰える可能性も高く、会社経営に集中する事が出来るメリットに繋がって来るのです。

中でも会社の憲法とも言われている定款は後から変更する事は可能でも、設立時にしっかりとしたものを作成しておく事が重要です。

定款の定め方などについても経験豊富な司法書士などからのアドバイスを貰える、定款は会社法に基づき定めなければなりませんが司法書士は法律の専門家などからも定款を定める段階でも安心感を得る事が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *