会社設立すると何が良いのか

会社設立をすると何がいいのかというと税金面でさまざまな優遇措置を受けることが出来るというところが良いところです。

ですから会社設立は多くの収益が上がるような会社ほどメリットが多くなると考えていいでしょう。大企業が会社を設立しているのは一重にこの税金の優遇措置があるからだといってもいいかもしれません。

政治家などは大企業が税制的に優遇されているということを問題視するような発言をしますが、それは当然です。優遇するためのシステムがこの会社設立というものなのですから。

それを否定しては意味がありません、税制的に優遇する代わりに雇用している従業員の徴税を企業に義務付けているのが日本の税制の面白いところです。これによって社員は自動的に徴税される仕組みになっていて、徴税まで企業がしてしまっているわけですから、これで優遇されないわけはないということです。

本来ならば税務署がしなければならない仕事まで会社が肩代わりをしているのが今の日本のシステムです。後は信用をつけることが出来るというのもメリットです。今で個人は相手にしないという企業はかなりいます。

法人でなければビジネスパートナーになれないということもよくあることですし銀行などから融資を受ける時にも企業と個人とでは大きな差があるといってもいいかもしれません。そして、自分の成果が全て自分の物となるというのも会社設立をするメリットといってもいいかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です