会社設立は敷居の高いものではない

会社設立は敷居の高いものではなく、誰でもやる気がある人であれば、会社設立をして自分のビジネスを進めてい事が出来るものです。

無理やり敷居の高い物にして自分の可能性を閉じてしまう必要性はないでしょう。これからは多くの人が会社設立をすることで自分のやりたいことが出来る時代になっていくと考えられます。

特にこれからは会社の雇用というものが変わっていくと考えられるので、個人が会社設立するケースがかなり増えると予想されます。理由はとても簡単で雇用される意義が無くなっていくからです。

これは会社が終身雇用を無くして実力主義、成果主義というものを始めたことと、ネットの普及によってわざわざ会社に行く必要性が無くなったことが関係してきます。まず雇用ということについてですが、雇用は報酬が約束されることで成り立つシステムです。

ですが、実力主義や成果主義というとこれは報酬が約束されませんから、わざわざ企業に雇用される意味が無くなることになります。そして、ネットが普及したことで情報のやり取りはほとんどこのネット上で出来るようになり、パソコンなどの仕事は全てネット端末があれば出来るようになりました。

すると長い通勤時間をかけて会社まで行く必要など無くなるわけです。その時間は自宅で仕事することに使えるわけで、この方が断然に効率が良くなるので、これからは自宅で仕事をするという人が増えていくことになるでしょう。そうなれば個人で会社設立する人はかなり出てくるはずです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です