会社設立に必要な定款

近年会社を設立する人が増加しています。

何らかの事業を行う際には会社の形態にしておいたほうが税金面でも優遇されますし、何しろ現在は資本金1円でも会社の設立が可能となっているのです。そのため社員1名であっても会社として設立されるケースが多くなっています。会社設立の代行を利用してこの会社設立の手続きにおいて何よりも重要となるものが『定款』と呼ばれるものです。

『定款』とは会社名や本店所在地、事業内容、資本金そして発行株数などといった(会社の基本的な決まり事)が記されたものであり、いわば会社の憲法と言える重要なものです。

定款は会社の形態をとっている事業所であれば必ず存在する書類です。定款は会社設立時に必ず必要な書類であり、会社設立登記申請の際には法務局に提出を求められます。

定款の作成は会社設立手続きの前半で行われます。会社名や事業内容といった設立される会社の基本事項を決定した後に作成していくことになります。定款には必ず記載しなければならない事項や内容があり、これを省いてしまわないように作成していくことが重要です。

作成した定款は公証人に認証してもらうことになります。その際、公証人によって内容の確認が行われ、訂正箇所などが指摘されることになりますが、公証人の指摘通りに訂正を行えばまず間違いありません。

公証人による認証が行われることによって初めて『定款』となるのです。なお、公証人による定款認証の際には手数料が必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *