会社設立代行に任せることで時間短縮

会社設立代行を活用することで、自分の時間を確保することができます。

また、会社設立に必要な知識は多く、要件を満たしていないと設立を完了させることはできませんが、それを自分で勉強する必要がなくなります。もちろん、会社設立をする以上最低限のことは自分でも抑えておく必要はありますが、細かい点については専門知識を持った人材に任せられるので、安心して代行してもらえるので自分は別のことに専念することが可能です。代行をしてくれるところは検索をすればたくさん出てきますが、司法書士か弁護士がかかわっているところを選びましょう。

本来登記の申請を代理する権限を有しているのは司法書士と弁護士です。弁護士は登記申請の知識は司法書士に比べると少ないですし費用が高くつくことが多いですが、司法書士は登記の専門家で費用も弁護士に比べると休め傾向です。ただ、司法書士は会社設立の定款作成を業務の付随行為として行うことができるとはいえ、専門的な知識は登記に関するものですから、あまり得意とはしていません。

そこで、司法書士が関与していても他士業との連携をしているところを活用するのが無難です。例えば弁護士の監修がなされているところや、税理士や行政書士などと連携しているところならばしっかりとそれぞれの専門知識を生かしてもらうことができるので、確実に代行してもらえます。良くないのは司法書士しかできない登記申請を本人として手続きを代行するところです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です