会社設立代行をしている士業

会社設立代行業務を行っている士業は多いです。

弁護士、司法書士、税理士、行政書士などです。このうち、弁護士は法律文書の作成代行から登記申請代行まですべて行うことができます。司法書士は、登記の専門家であり、定款作成を行うこともできるため、同じく会社設立に関してすべての作業を任せることが可能です。このうち、税理士と行政書士は、登記の申請を代理する権限は持っていません。そのため、もし会社設立の代行を行っていて、それを含めてすべて自分でやっているとすれば違法です。

法務局では行政書士や税理士が代理人として申請をしても受け付けることはしませんから、違法行為をしている方は発起人名義で行っています。わざわざ本人かどうかまでは確認しませんから、これが通ってしまうのが現状です。しかし、これは本来行ってはいけないことです。税理士や行政書士にも強みはあって、それを会社設立に生かしてもらうことには意味があります。

だからといって、法律的に問題のある業務を行っているところを利用するのは、もし登記事項に不備があった場合には自分にも責任が及ぶ可能性があるためよくありません。もちろん、きちんと法令を遵守している税理士や行政書士は、提携している司法書士に登記申請については任せています。また、場合によっては司法書士の資格を合わせて持っていたり、有資格者が在籍しているケースもあります。これならば、合法的にきちんと登記をしてもらうことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *