会社設立を代行業者に依頼する利点とは

会社設立は設立を行う人が自ら行う方法と代行業者を利用する方法があります。

自分で行う場合には、定款の策定から公証人役場で定款認証の申請手続き、法務局に提出する登記書類の作成など一切の処理を設立する人が行う必要があります。手順を勉強して行えば1人で会社設立を行う事は可能ですが、設立後の準備に追われて手続きが思うように行かないケースもあります。特に、定款は会社の憲法、会社の基本的ルールなど重要な書類を策定する必要がありますし、株式会社の場合は公証人役場で認証を受けておかなければなりません。

定款認証が却下されてしまえば、設立登記が出来ません。設立代行業者に依頼した場合には、定款の策定自体は設立登記を行う人が定める事になりますが、予め定款の中で定めておいた方が良い事には何があるのかなど、アドバイスを貰えるメリットや書類の作成や申請手続きなどの代行を行って貰う事が出来ます。当然費用は発生する事になりますが、会社を立ち上げた後の準備に集中が出来る、時間に追われずに設立登記が出来るなどのメリットがあります。

一般的に会社設立は法務局での設立登記までの流れを意味していますが、設立後には所轄への届けなどが必要になります。税務署などのへの届けなどは税理士にしか依頼が出来ませんが、会社設立代行業者は行政書士などの士業資格を持つ人々が行っている、行政書士周りには税理士や司法書士などの士業資格を持つ人々がいるなどの特徴を持ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *