会社設立の代行サービスはコスト削減ができる

これから会社を作るときには必要な書類を用意して手続きを行わないとだめです。

公証役場に支払う必要のある定款は収入印紙を貼る必要があるので40000円かかってしまいます。これは絶対に必要なものなので避けて通れないものです。少しでもコスト削減をしたいのなら会社設立の代行サービスを使うといいでしょう。定款を電子化してくれるので従来まで必要だった定款の収入印紙代40000円が必要ないです。公証役場の定款認証手数料や法務局に支払う登録免許税といったものも合わせると25万円近くかかりますが、会社設立の代行サービスを使うtお20万円程度で抑えられます。

自分で行うよりもかなり安いので残った金額を運転資金として使うのも良いでしょう。自分で電子化する事もできるのですがマイナンバーを窓口で取得する作業や電子証明書を取得する作業が必要です。またパソコン本体とICカードリーダーやPDF作成のソフトも必要なので費用は結構かかります。電子署名をするためのプラグインソフトの設定やインストールも必要なのである程度知識も必要なのがネックです。

これらの面倒な作業を安い手数料で行ってくれるので検討してみましょう。会社設立の代行サービスは急いでイル方にも対応できるのが魅力です。依頼をすると最短2日くらい設立をする事ができるので素早く企業をしたいならうってつけといえます。ネットを使い全国規模で対応してくれる業者もあるので使い勝手も良いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です