設立代行を利用して会社設立が便利です

会社設立する時には定款を定めるための話し合いを行い、全員が納得した定款を定める必要があります。

定款の中には後から有効になる項目も定める事が出来るなどの特徴があります。株式会社などの場合は、決算報告を世間に対して告知する必要があります。この告知の方法には国の広報誌でもある官報に掲載する方法が一般的ですが、官報以外にも新聞やホームページに掲載する方法が許されています。官報や新聞などの場合は費用が掛かりますが、ホームページは無料で掲載が出来るメリットがあります。

こうした取り決めは定款の中で定める事で有効になる事からも、会社設立時の定款はしっかりと定めておく必要があります。代行業者を利用する事で、会社毎に有効になる取り決めに対するノウハウがあるので、適切なアドバイスを代行業者から貰えるメリットもあります。定款の認証手続きや資本金を払い込んだ後の払い込み証明書の作成も代行業者にお願いが出来ます。

また、会社設立の中には類似商号調査は新会社法が施行されてからは不要になっていますが、同じエリア内に同じ社名の会社がある事、事業内容についても同じなどの場合は、先に登記を行っている会社から見ればあまり良い事ではありませんので、法務局内での類似商号などの確認を行っておく事が良いと言われています。仮に、社名は同じでも事業内容が異なれば後からトラブルにならないので安心して経営に専念出来るわけです。こうした業務についても代行業者が代理人となり行ってくれます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です