会社設立にかかる費用は専門家に任せた方が安くなる

会社設立手続きは、自力で行うパターンと司法書士や行政書士などの専門家に依頼するパターンが考えられます。

各種手続きは専門家に任せるよりも、自力で行った方が費用が節約できるという認識がありますが、会社設立に関しては例外と言えます。

なぜなら、電子定款という有利な方法が準備されているからです。

通常、株式会社の会社設立にかかる費用は、定款認証手数料が5万円、印紙代が4万円、定款の謄本手数料が2千円、登録免許税15万円の合計24万2千円です。

しかし、これを専門家に任せれば、20万あまりプラス手数料に抑えることが可能です。

会社設立を専門とする行政書士事務所などでは、電子定款が導入されています。

このシステムを活用すると、印紙代の4万円が節約することができるため、依頼したほうが金銭的にもメリットがあります。

手続きにかかる費用は依頼する事務所によってバラつきがありますが、良心的な行政書士事務所では、5千円から1万円程度の手数料で済みます。

定款の作成まで依頼したいというケースであっても、会社設立に強みと実績のある事務所であれば、法定費用よりも安くしてもらえる可能性が十分にあります。

また、手続きを司法書士に依頼すれば、会社の設立登記まで依頼することが可能です。起業には大きな労力と時間がかかり、準備に専念することが望ましいと言えます。

なぜなら、本業の準備に専念したほうがスムーズな事業開始へとつながるからです。費用を節約でき、なおかつ本業の準備に専念できるメリットを味わうためには、専門家の手を借りるべきと言えるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です