会社設立をする際に必要となる費用

昔は会社設立のためには株式会社であれば資本金1000万円を用意する必要がありましたが、会社法が改正されてからは1円から株式会社設立ができるようになったので、企業のハードルも下がりました。

必要な会社設立の費用としては、
会社の登記のために掛かる費用や定款作成にかかる経費などがあります。

登記申請時には登録免許税のほかに司法書士への手数料なども必要となります。定款の作成については、調べながら自分で行うこともできるので費用の節約になります。

ただしあまり時間を取ることができない人や正確な定款を作成したいという人は専門業者に作成を任せたほうが良いでしょう。

そのほかに定款認証手数料も役所への支払いが必要な費用となります。行政書士などの専門家に依頼する場合、依頼に対して報酬が発生することいなるので依頼する場合には報酬がどの程度必要となるかを調べることが重要です。

そのほかに、会社設立時には印鑑登録が必要となるため、会社の代表者印の作成費用や登録に必要な手続きの手数料などが必要となります。

さらに実際に仕事を始めるための備品などを一通りそろえる必要もあるので、机やいす、パソコンなどを調達するためのお金も見込んでおく必要があります。

事務所を設立するテナントなどを賃貸することも必要になりますが、レンタルオフィスなどを利用すると備品やネット回線などを借りることができるため、そういった設立時の初期の経費を安く済ませることができるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です