会社設立の費用と資本金について

会社設立時の費用は主に定款の認証手数料と定款に貼るための印紙代、登録免許税や実印製作費や印鑑登録に関する費用などが主な会社設立時の費用になります。

株式会社設立の場合と合同会社の設立では金額などが異なりますが、
合同会社は出資者全員が有限責任を負うなどのスタイルを持つのが特徴です。

一人で会社を立ちあげる人の多くが株式会社を選ぶ、資本金については1円から可能になっているので無理のない金額で資本金の払い込みを行う事が出来ます。

ちなみに、会社を作る時の資本金は、現在1円から可能になっています。資本金は会社の体力、会社の規模などを現わすもので、最低資本金が1円と言っても数百万円の金額でスタートするケースは多いと言えましょう。

資本金は払い込みを行った後に通帳に記載をする事で払い込み証明書を作成する事が出来るため、払い込みしたお金の一部を引き出して登録免許税などのお金として利用する事も出来ます。

また、会社設立を行う際に代行会社に依頼するケースも多いかと思われますが、代行会社に依頼した時に会社設立に関する費用が無料になる事もあります。

設立後の顧問税理士などの条件により設立に関わる費用を無料にしているわけですが、会社運営の中での税金対策や節税などは税理士の独占業務として役割を担ってくれます。

予め、税務相談を行う税理士が決まっていない時などこうした代行業者に依頼をする事で設立に関わるお金の節約が出来るメリットもあるわけです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です