会社設立の費用はビジネスローンで調達しよう

会社設立費用を調達する上で役立つのがビジネスローンであり、事業資金に特化しているので審査に通過しやすいメリットがあります。

キャッシングは多目的に使えるメリットがありますが、よく見ると事業資金に対しては融資してくれないことが多いです。

小文字で事業資金は除くと記載されていることが多いですし、記載がなくても会社設立費用を調達したいといえば断られることがあります。原則としてキャッシングは一般消費のための貸付になり、簡単にいえば生活費のために使用することには問題ありませんが、事業には使用できないわけです。

ビジネスローンは事業資金に特化しているので、目的ローンとして会社設立費用を調達するのに適しています。
少しでも金利を抑えたい方は不動産などを担保にする有担保ローンの利用がおすすめで、担保を設定することで金利を抑えることが可能になります。金利というのは信用力に比例して決定する部分が大きいですから、信用力を提供すれば低金利で借りることは難しくありません。

会社設立費用を調達するにおいては最大の信用力は担保となるため、使用する予定のない建物や土地がある方は担保に設定して借りるのもありでしょう。

無担保ローンと比べて金利が低いだけでなく、返済期間を長期に設定できるので今後の返済を楽にすることが可能です。

担保価値に応じた借入ができるので高額を調達する場面で役立つなど、不動産担保ローンにはキャッシングにはないメリットがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です