会社設立費用の調達に使用できるローンとは

会社設立費用の調達においては事業資金の確保になるので、事業ローンを利用するのが一般的になります。

それ以外だと不動産担保ローンを利用するのがおすすめで、不動産価値に応じた借入が可能ですし金利も低く抑えられるメリットがあります。

一部のキャッシングも事業資金の融資に対応しているので会社設立費用の調達に利用できますが、総量規制による制限があるので目的の金額を借入できない可能性があるでしょう。

消費者金融のキャッシングは借入可能な限度額が年収の3分の1となり、会社設立費用などの高額資金を調達するには向いていません。

銀行キャッシングは総量規制の対象外になりますが用途はあくまで生活資金となっているため、事業目的の場合は融資してくれないことが多いです。

会社設立費用を確保するためには信用力がモノを言いますから、過去の金融商品の利用実績は好ましいものにしておく必要があるでしょう。

例えば長期延滞をしたり債務整理をしたりするとブラックとなり、5~10年間は借入できなくなる可能性があります。

安心して借りるためにもローンの延滞は避けるようにして、もし延滞しそうな場合は低金利ローンに借り換えするなどの工夫も必要でしょう。将来的に会社設立費用をローンで調達したい方は、今から失敗しないようにローンの返済方法に気を配ってください。返済が厳しくなる理由のほとんどは借りすぎにあるので、追加融資を受けるときは無理なく完済できるか検討しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *