会社設立にかかる費用について

平成18年から、会社の資本金は1円以上で設立することが出来るようになりました。

では、そんなに気軽に1円だけで設立が可能かというと、実際には会社設立には他にも様々な費用がかかります。

設立の際には何にどの位がかかるのでしょうか。会社設立の際に必要となることは、まず設立登記です。この時法務局で、収入印紙代として最低でも15万円がかかります(資本金の1000分の7で計算しますが、下限が15万円とされています)。

次に会社に必要なものとして定款がありますが、この定款を作る際に公証人役場で4万円が必要となります。ただし、この4万円という金額は紙で定款を作成する場合に必要で、今だと電子定款という手段があります。

電子定款を作成するのは手続きが大変とされていますが、これで作成すると4万円は不要です。その他に印鑑登録証明、登記簿謄本など、主に役所の証明書類関係にお金がかかります。

全部合わせると大体25万円から27万円は少なくとも設立費用としてかかるとされます。この設立に要する費用というのは会計上、会社負担とすることが認められていますが、仮に資本金を本当に1円として、これらの費用は会社負担とすると、設立した瞬間から借入金(社長借入金という形になり、会計処理が当然必要となります)が発生してしまうことになります。

他にも諸々の電気工事などにかかるお金や、従業員の数カ月分の給料なども、売り上げが上がるまでの余裕を見て準備しておくことが必要です。

そうした諸々の費用を設立当初は資本金から賄っていくと考えると、法的には資本金1円で会社設立が可能ですが、それはやはり現実的ではないということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *