費用面も考える会社設立

株式会社の設立というと、多額の資金を用意しなければ会社設立など夢物語だと考えられていたのは昔の話しです。

現在では株式会社設立も含めて、会社を起業するのにかかる費用は随分と抑えられています。

会社の形態によってかかってくる費用は異なりますが、株式会社よりも合同会社を設立する方がより費用は抑えることは出来ます。

もちろん、日本国内においては、株式会社ブランドはゆるぎのないものがありますので、株式会社を設立して取引先の信用を得たいと考える経営者も多いものです。

また、将来的に株式を上場して市場から資金を調達したいと考える場合必然的に株式会社の形態を取ることになります。

しかし、起業当初は出来るだけかかる費用は抑えておきたいものでしょう。

会社設立時にかかる費用は印紙代や登録免許税などを収める必要がありますが、会社設立時の手続きを司法書士の方などに代行でお願いすると当然手続きに対して支払うべき報酬が上乗せされてきますので、支払う支出は増えてくることになります。

少しでも支払いを抑えたいという経営者は出来る部分に関しては自分で行うようにすると良いでしょう。

手続き自体はそれほど煩雑な作業ではない上に、司法書士資格や弁護士資格など特定の資格を有していないと出来ないと決まっている訳ではありません。

また、電子認証という方法も取ることが出来、電子認証を選ぶと印紙代が不要になってきますので更にかかる支出を抑えることが出来ます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です