会社設立をするとさまざまなメリットがあります

IT系の会社が多いように感じますが、会社設立を行う件数が近年多いようです。

会社を立ち上げて経営を行うのは大変ですが、もちろんメリットもあります。

取引相手によっては法人(会社)でないと取引をしないという会社が存在するのは事実で、例えば上場している会社は通常は法人相手でしか取引をしません。法人という形態は国から法的に正式に認められた人格で、国からのお墨付きを受けているわけですから個人よりも信用力が高いということに一般的になります。法人化し、これまで個人で使っていた名刺に法人名が入ったら、相手の反応が変わったという話はよく聞きます。

そんなことからでしょうか、個人事業のときと比べて銀行などの金融機関からの融資が受けやすくなったり、派遣事業などの許認可が必要なものを法人化していると引継ぎでき、あらためて許認可を取り直す必要がないといったメリットもあります。

それから会社設立して法人化すると、社宅や旅行日当などを経費にすることができます。個人事業主の場合は、社宅の費用は事業で使用している範囲内でしか経費になりませんが、法人化するともっと広い範囲で経費にすることができます。

また調査などの目的で出張したとき、旅費日当を経費にできることもメリットです。それ以外にも生命保険料といったものも経費にできます。会社設立をすると、取引先と大きなトラブルを起こしたときに多額の損害を被ったとしても、法人であれば最少に抑えることができます。例えば仕事上のミスで取引先から多大な損害賠償請求を起こされた場合、個人だと賠償しそれでも足りない場合破産するしかなくなります。

しかし法人ですと、会社を倒産させてそれ以上の損害が発生しないようにすることができます。個人だと破産になってしまうことでも会社の場合、倒産という最終手段でそれを避けることができます。

しかしこれは信用問題に関わることですからあくまでも最終手段となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *